セクキャバ(キャバクラ)遊びと風俗遊びのあれこれ

じゃあキャバクラは?

キャバクラについては、ここで解説するまでもないかもしれませんね。いまは、いろんあメディアで取り上げられる機会も増えているわけですから。キャバクラの語源をご存じですか?

もともとはフランス語の「キャバレー」と英語の「クラブ」ってことばを合わせてできた造語なんです。キャバレーやクラブって聞くと、首都圏の高級なお店を想像しますけど、要はそのとうり。
低料金でキャバレーやクラブのようなハイグレードサービスを受けられるってのが売りの列記とした風俗店なんです。ただ勘違いしちゃいけないのが、キャバクラに関しては、セクキャバと違ってオサワリ厳禁ってところ。あくまで、キレイな女の子たちと楽しくお話ししながら、お酒を飲むっていう場所なので、そこは、大人の対応でよろしくお願いします。アフターって言葉も、セットで良く耳にすると思うんですけど、要は、お店での時間外でもデートができたりもしちゃうってこと。

結構これを目的として足しげく通う常連さんも多いみたいですよ!そこからは、個人の腕の見せ所っていう感じになっちゃうんですけど、相手もプロですので、のらりくらり交わされることもしばしば・・・

キャバクラ嬢にとっては、同伴やアフターの回数もしっかり、お給料に反映さてることもあるんですから。向こうにとっちゃ、指名はくれるは、同伴も増えるは、アフターまで付き合っちゃえば、もう、いいカモにされちゃいますよね。あとあと、最近増えているのが、「昼キャバ」ってやつ。これがでてきた背景には、法律で定められた営業時間が密接に関係しているんだけど、結局はお客様第一になっちゃうんで、朝方まで営業するでしょ?

年々そういった取締も厳しくなってきて、お店側の苦肉の策として、お昼から営業しちゃえってなった訳。夜に取りこぼした売上を昼にカバーっていうカラクリなんです。キャバクラにも、いろんなカテゴリーがあって、キャンパブやコスキャバ、最近では、毛色を変えてガールズバーってのも登場してますから、お店側のあの手この手でやっているんでしょうね!